絶縁針脱毛について

毛穴に針を挿入し、その針に電気を流して、発毛組織を破壊して行く脱毛方法が有ります。しかし、針に電流を流す事で、針は熱を持ちますので、火傷を負う可能性があります。そこで針を絶縁処理を行うことで、毛穴の奥にある発毛組織のみを熱を加えて脱毛を可能にする事が出来るのです。これは、絶縁針脱毛と呼ばれるものです。現在では、医療機関のみがこの絶縁針脱毛を可能にしていると言います。針を皮膚に刺しますので痛みがあります。しかし、痛みを感じるのは針を挿入する時よりも電流を流した時だと言います。そのため、針を挿入する時には冷却ジェルなどを使い、針を挿入する箇所を冷やしてから行ったり、デリケートゾーンや痛みを感じ易い箇所を脱毛する時には麻酔を使い行うと言います。この麻酔を使う事からも、絶縁針脱毛は医療機関のみで行われると言うことです。また、通電を行う時間が長くなることで痛みを感じますが、絶縁針脱毛での通電時間は0.2秒〜1秒と言う短い時間であり、強い痛みを感じ難いというメリットもあるのです。

絶縁針脱毛と料金について

絶縁針脱毛は、医療行為を伴う脱毛であり、病院やクリニックのみで行われている脱毛になります。針を使う脱毛には、他にもニードル脱毛などが有りますが、基本的な原理は同じでも使う針が絶縁針という違いがあるのです。病院やクリニックなどでは医療レーザーを利用した脱毛が主流となっています。しかし、色素が黒く医療レーザーでは脱毛が難しい場合などでも、絶縁針脱毛は利用されると言います。絶縁針脱毛は、毛周期に合わせて脱毛を行うため、数回に渡る脱毛が必要になると言います。毛穴に絶縁針を挿入して、毛穴の奥にある発毛の組織を破壊していくのが絶縁針脱毛です。そのため、1本1本毛穴に針を挿入していきますので、時間というものが掛かります。また、脱毛を行っても、その毛が休止期や退行期に入っている場合は、脱毛の効果がありませんので、永久性を求める場合は、再び脱毛が必要になるのです。この事からも、永久性を求める場合などでは料金も高くなります。全身脱毛を針脱毛でするにはちょっと料金的に厳しいかもしれないので、全身脱毛をしたい人はサロンの光脱毛がいいかもしれませんね。全身脱毛で参考になるサイト⇒http://www.campusoei.org/

絶縁針脱毛の効果について

絶縁針脱毛はコーティング法脱毛とも呼ばれている脱毛手法になります。毛穴に細い針を挿入して行う脱毛となりますが、この針には絶縁が施されています。絶縁というのは電気の流れを阻止すると言う役割があるのです。しかし、電気の流れを阻止してしまっては、絶縁針脱毛の意味が解りません。絶縁針脱毛に利用する針には、電流を流すための部分と皮膚に触れる部分があります。皮膚に触れる部分は絶縁が施されており、電流を受け入れる部分と針の先などは非絶縁体となります。要は、皮膚に触れる部分を絶縁する事で、熱を感じずに脱毛を可能にするわけです。針に流れる電流は、針先部分にある発毛組織に熱エネルギーを加えて、発毛組織を確実に破壊していきます。そのため脱毛の効果は高いと言われているのです。最近は、医療レーザーによる脱毛が人気がありますが、この絶縁針脱毛についても効果の高さなど見直されている部分もあるとしているのが特徴なのです。